鍵はプライベートにおいても重大な役割を果たす

鍵というのは自分のプライベート空間に第三者を侵入させない為に必要な物です。
今まで鍵と言われれば、家や車の施錠というイメージが強くあります。


もちろん誰かに侵入されれば、犯罪や盗みなどが起きますのでそれを守る為に必ず必要ですが、最近ではプライベート、テリトリーを守るといったイメージが強くなっています。

デスクや子供のオモチャ箱、携帯電話、インターネットサービスとさまざまな物の鍵が付けれる様になってきました。

例え家族であっても秘密にしたい事は沢山あるのが普通でしょうし、今は個人を重点においてる時代ですので子供自身も親に侵入されたくないテリトリーはあるはずです。

携帯電話やスマートフォンは今の子供にとっては当たり前の様に普及しています。ですから異性とのやり取りもあるわけですし、見られたくない事も沢山ありますが、やはり子供からの視点で見たところ、親というものはデリカシーと言うものが無く、入ってはいけないテリトリーにズカズカと入って行きます。

ISO27001の費用に関する情報が幅広く集まります。

例えば今話していた携帯電話の中を見たり、勝手に部屋を、片付けたりと…親ももちろん子供の事が心配だったりと理由はあります。最近ではゆとり教育が原因でわがままな子供が増えたなど言われていますが、意外と子供はしっかりしています。



逆にモンスターペアレントと言われるわがままな親の方が目立つくらいになって来ています。



防犯カメラについて紹介しています。


またキラキラネームと言われる個性的な名前を付ける親も多いです。今の時代は個性を大事にする方針なので、それ自体は決して問題無いですが、将来生活の支障になり得ない名前も多いです。

親が一つの事に良し悪しが分からない子供から成長していないと言えばそう言えます。
鍵と言うものはどこにも存在し、自分の心の中に記憶や気持ちに鍵を掛ける事が出来ます。

また大事な物を保管する場所だけでは無く、鍵を掛けた中に子供が大人に成長する過程の中で大事な物や事が保管されてると言えます。